「みどる関西」は、「みどる 中高年発達障害当事者会」元理事で、現在は大阪在住の「じょえる」(くらしき みつる)と、「関西発達おっさんおばはんの会」発足を提唱された「特攻野郎凸チーム」の2名が共同代表として発足しました。

私たちは、二人とも40代です。
アラフォーになってから、発達障がいと診断されました。
社会人として働いてきたキャリアもありますし、自分が「障害者」だと受け入れるのにも時間がかかりました。

関西には「関西ほっとサロン」や「さかいハッタツ友の会」を初めとして、何年にもわたる開催実績を持つ当事者団体が多くあり、毎回たくさんの当事者が参加しています。
ただ、参加者の大半は若年層で、私たちのような中高年が参加するには肩身が狭く感じることもありました。
中高年当事者だからこそ、自分たちと親の老後についてなど、歳を重ねるごとに増えてくる課題があります。
人生経験を積んできた「おっさん・おばはん」だからこそ、分かち合えること、共感できること、情報交換できることがたくさんあると思います。
そういった思いから、この自助グループを発足させました。

人生、まだまだ先は長いです。
発達特性を持っていても、もっと楽しく生きていきたいじゃないですか!
そんな仲間が集まる場を作りたいです。
皆さんのご参加をお待ちしてます。

下記のとおり、当事者会(自助グループ)を開催します。
参加条件は、自称「おっさん・おばはん」の発達障がい(発達凸凹・グレーゾーンを含む)であることだけ!
会場: 大阪市東成区民センター(大阪メトロ千日前線・今里筋線今里駅 徒歩3分)
日時: 2019年2月23日(土)
     開場 午後1時
     開会 午後1:30
     終了 午後4:30

参加ご希望の方は、「こくちーずプロ」よりお申し込みをお願いします。
https://www.kokuchpro.com/event/midorukansai180223/